九州ユニティー

097-553-1465
安全衛生管理活動
HOME ≫ 安全衛生管理活動

1.基本方針

労働者の協力の下に一連の過程を定めて、総括的に行う自主的な安全衛生活動を促進することにより、労働災害の潜在的な危険性を低減するとともに、 労働者の健康の増進及び快適な職場環境の形成の促進を図り、事業場における安全衛生水準の向上に資すること。

2.危険、有害要因の特定

A. 危険、有害要因

・ 機械、器具その他設備による危険
・ 作業方法から生ずる危険
・ 粉塵、ガス等による有害要因
・ 照明、換気等の作業場の状態による有害要因
・ 発火性物質、引火性物質による危険
・ 作業場所の関わる危険
・ 高温、低温、騒音、振動等による有害要因
・ 作業行動から生ずる危険、有害要因

B. 特定方法

・ 機械器具の現場入場時の事前検査
・ 現場ごとの安全チェックリスト
・ 作業環境調査
・ ヒヤリハット報告書

C. 改善

特定された要因について、改善が必要であるか否か、区分分けをし、改善の必要な要因については、 度合いを査定し、順位付けを行ったうえ改善計画をたて履行する。

3.安全衛生目標の設定

特定された危険又は有害要因を踏まえ、過去の目標や達成状況、災害の発生状況等も考慮し、労働者の意見を下に、安全衛生基本方針に基づいた安全衛生目標を各作業場ごとに設定する。

4.安全衛生計画

目標を達成する為の具体的な方策を示すものであり、事業場で特定された危険や有害要因を排除するための実施事項や、 このための日常的な危険予知活動、安全衛生教育等をおりこみ、期間を1年と定め、労働者の意見を反映した計画表を作成する。

A. 安全衛生活動

・ 安全朝礼
・ KYミーティング
・ 指差呼称
・ 安全衛生気がかり事例収集活動
・ 作業場安全パトロール
・ 職場体操
・ ヒヤリハット活動
・ 5S活動
・ 安全衛生提案活動

B. 安全衛生教育

・ 雇入れ時の教育
・ 職長教育
・ 特別講習
・ 新しい作業場に向けての先送り教育
・ 技能講習
・ KY講習会

C. 健康診断

・ 雇入健康診断
・ 特殊健康診断(じん肺)
・ 定期健康診断

5.安全衛生管理体制

安全衛生管理は、経営管理と一体化した組織として整備し、各安全衛生スタッフの役割権限を明確にし、
緊急事態に備えてのライン作りをし、指揮命令系統を各労働者に周知させる。

・ 雇用管理責任者選任
・ 統括安全衛生責任者選任
・ 安全管理者選任
・ 衛生管理者選任
・ 安全衛生推進者選任
・ 工事担当責任者選任
・ 消火設備の設置、消火体制の整備
・ 各作業場ごとの緊急連絡先の設定
・ 避難手順、避難場所の周知
・ 二次災害の防止措置

6.日常的な点検・改善

安全衛生計画の実施状況、機械設備の日常的な点検、労働災害、事故等における原因分析など実態を把握するため、衛生計画の推進状況を日常的に点検する項目を定め評価し、週一回の営業会議、月一回の安全協議会で協議することと、年一回の安全大会を行うことで改善に結びつける。

7.文書の記録、保存

・ 安全衛生基本方針
・ 安全衛生目標
・ 安全衛生計画書
・ 安全衛生管理体制表
・ 各作業所の作業手順
・ 先送り教育用紙控え
・ 各作業班ごとのKY用紙
・ 危険、有害要因を特定する手順
・ 各作業所ごとのパトロール記録
・ 営業会議、安全衛生協議会議事録

8.労働災害発生状況

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
休業災害 0件 1件 0件 0件 0件
不休災害 0件 0件 0件 0件 0件
CONTACT

097-553-1465

097-552-8807

お問い合わせ

COMPANY PROFILE

会社案内ダウンロード

※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

ダウンロード